商品紹介映像では商品を作る段階の映像なども入れると良い

商品紹介映像では、商品に関して購買意欲を高めることができるような内容を入れていくのが一般的です。そして、購買意欲を高めるためには魅力を入れるというのが通常の考え方になります。

ただ、商品紹介映像では魅力以外にも購買意欲を高めることができる場合があり、それが信頼性の向上なのです。特定の商品が非常に安全であるとか、丁寧に気を遣いながら製造されているなどの情報が伝わると、そこから信頼度がアップします。

そして、信頼できるものであればそれだけ買いたいという気持ちにつながるので、そういう部分も商品紹介映像に入れていくと良いのです。

例えば、製造過程から検品などのチェック体制の部分というのは、一般の消費者がまず見ることができない部分です。そういった過程を映像にして見せるというのは商品紹介映像においてはおすすめのやり方になります。

必ずしも商品それ自体の魅力である必要はなく、商品ができる前の映像なども含めていくと良いのではないでしょうか?