商品紹介の映像制作で社会問題を取り入れる企業が増えている時代

デジタルネイティブ世代やミレニアル世代をターゲットにした場合、TVCMよりもネットの動画のほうが訴求しやすくなっています。インターネットで商品紹介の映像を公開することは、やはり大きなメリットがあるといえるでしょう。
最近では、海外を中心に企業の商品紹介の映像制作で、社会問題に切り込んでいるものも増えていると思います。たとえば、日本ではジェンダーギャップ指数が先進国の中では低くなっており、男女差別があると考えられています。女性をターゲットにした商品を作っている企業であれば、このような社会問題をうまく映像制作にとりれることもできるでしょう。
もちろん、制作するときには「この映像を見た人はどう思うだろうか」と想像する視点をもつことが大切です。その上で、社会問題をテーマにして、視聴者を励ます映像をつくることができれば、企業の飛躍的なイメージアップにつながるといえるでしょう。