商品紹介の映像制作はイメージと使用方法を分けて制作する

商品紹介の映像制作を依頼する際、いろいろな情報を盛り込みすぎて長くなってしまうと、よほど興味が無い限り最後まで見てもらう事ができません。

商品を購入する方が気になる点だけコンパクトに閲覧できるよう、適宜分割して動画制作を行うことをおすすめします。

まずは、イメージ動画制作です。その商品が生活の中でどのように利用されるのか、一番のアピールポイントを、よりよく見せるストーリーを考えます。商品だけの映像ではなく、置かれている場所や使われる状況がイメージしやすいものが有効です。
背景や登場人物、音楽等も重要になります。

次に、使用方法の動画です。こちらは、実際に商品を購入した人にとっても参考になる動画となるため、商品の細部まできちんと見やすい映像が好まれます。ナレーションを使用する等、端的にわかりやすい動画を目指しましょう。

機能が多い商品については、すべての機能を一つの動画で紹介するのではなく、機能毎に分けて動画背作を行うのも有効です。

気になる機能だけをピックアップして見ることができるのは、購入した方の説明書になるだけではなく、購入を検討している方への宣伝にも効果的です。