会社紹介映像を魅力的にするならweb配信をメインにするべき!

会社紹介映像は、消費者やクライアントに向けて配信するものだけではなく、就活生にPRする用途で制作されることが増えています。

会社説明会で上映したり、採用webサイト上にコンテンツのひとつとしてアップされることも多々あります。自社のサービスや製品の紹介だけであれば、写真と文字で、ある程度は内容を理解することができますが、社内の雰囲気や働く社員の様子などは動画の方が伝わりやすいのです。

プロモーション戦略に長けたスタッフと、動画撮影のノウハウを持つスタッフを抱える映像制作会社には、リクルート映像の制作案件が相当増えていると耳にします。

また、TV番組の視聴者が多かった昔と比べて、企業のプロモーションにおいてCMがそれほど力を発揮できなくなってきているのだそうです。その分、webで配信される動画を観る人が増えています。

会社紹介映像もその流れをくみ、web用に制作される風潮にあります。web用の動画は、表現や放送時間などの細かな制限があるTV-CMと比べると自由度が高く、面白くて魅力的な動画を制作することができます。

今後もますます消費者向け、リクルート向けの会社紹介映像をwebで配信する企業は増えるのではないかと思います。