スマホの映像制作事情

スマートフォンを用いた映像制作というと未だになんだかチープに思える印象がありますよね。なぜと言われても言葉にし難いですが。

スマートフォン自体の性能も今やかなり向上し、HD画質の非常にきれいな動画を撮ることが可能ですし、手ブレや絞り、被写界深度やズーム等もそういったアプリを使えばかなり本格的に撮影することが可能です。さらに撮った映像に複雑なエフェクトをかけることもできます。

こんな感じでスマホだけでもしっかりした映像は作成可能であり、実際に映画監督などがスマホのみ使って映画を作った事例もあるほどです。それでもやはり我々はスマートフォンで作った動画にどうしてもチープさを感じてしまうということもまた事実だと思います。

これはスマートフォンでの映像制作がまだ過渡期だということと、やはり形からの印象というのものが人間にとっては重要で、音響やライティングスタッフと共に、本格的な肩に担ぐ大きなビデオカメラ担いだプロのカメラマンが撮った映像のほうが説得力を持つからなのでしょう。